出産した後の仕事先を見つけやすい求人サイトを知りたい!

女性からすれば、出産することは一番嬉しい出来事と述べても言い過ぎではありません。心身ともに多くの労力が求められます。
こういったことを踏まえて、働く女性が出産のために仕事を辞めなくてもよいように、産前産後休暇(略して産休)が制定されています。

 

産休の期間も定められており、出産前に6週間、出産後に8週間というようにしっかり決められています。もし赤ちゃんを1人ではなく2人以上妊娠していることが分かったなら、産前休暇を14週間もらえます。
産前休暇においては、出産予定日から逆算した期間が取ることができます。例えば実際には出産日が早くなったり延びたりしてずれたとしても心配はいりません。
例を挙げると、予定日を1週間過ぎて出産し、7週間休んでしまったとしても産前休暇として認められるのです。産後の休暇は、出産日から仕事を再開する日までの日数で計算されます。

 

会社がどんなに忙しくても、会社側の判断で産休の期間を変更できませんが、本人の希望があれば6週間に短縮できます。雇用の形態がどうあれ、産休は派遣社員やパートタイマー、アルバイトの人も認められるのです。
一般的に育休と呼ばれる休暇は、産後休暇の翌日から子どもが1歳になるまでの間に得ることができます。育児休暇を取る場合は、両親のどちらでも取得できるのです。

 

入所できる保育園が見つからないといった、事情がある場合は、育休申請の期間が6カ月延長されます。育児休暇中の生活を保障する制度として、「育児休業給付金」という制度が設けられています。
育児休暇が申請可能なのは、社員だけが適用され、他の雇用形態の人は適用されないという場合が少なくありません。育児休業給付金というものは、勤続年数などいくつかの条件を満たせば受けられるようです。給付金の支払額やその他の細かい点は各会社が決めているので、確認するとよいでしょう。