出産後の骨盤を元に戻したい!矯正ベルトやガードルはどれを買えばいい?

妊娠して出産までの間は、女性の身体というのは大幅に変わるものです。
骨盤矯正は産後できるだけすぐに行うと良いと広く伝わっていますが、骨盤矯正には2つのタイプがあるのをわかっていましたか。
まず1つ目は、赤ちゃんを外に出す為に開いた骨盤を閉じることにより、体型を妊娠以前の状態にまで引き戻す矯正方法が一般的に考えられているものです。
2つ目は、出産のせいで変化した骨盤の位置を本来あるべき状態に直すことで、正しい姿勢ができるようにするというものです。
出産を控えた妊婦のお尻は、相当横長の形になっているように感じることでしょう。
骨盤が開いたせいで変化しているのですが、骨盤矯正を行わないと以前の体型に戻れないことがあります。
何度も出産した人の中には、骨盤のケアまでは行き届かずに体型が変化してしまう人も大勢います。
産後の骨盤矯正に対する捉え方は一様ではなく、何度か出産する人は最後の子どもの出産が終わってからで良いという気持ちの人も珍しくありません。
けれども、出産した後には決まって骨盤矯正を行う人とやらない人だと、効果が全く違います。
何回か子供を産んだ後であっても骨盤矯正の成果が出る人も中にはいるものですが、思ったより効果が表れず妊娠前の体型を取り戻せないという人もいます。
そうなると、出産を経験する度に元の状態に戻しておくことが重要でしょう。
骨盤が直らないことで身体の調子が悪くなることもありますし、体型が変わってしまったことにストレスが溜まっていく場合もあります。
産後の健康や精神状態のバランスを取るためにも、骨盤矯正は重要なものになります。
体重が軽くなることと体型が戻ることは別物だということを肝に銘じておきましょう。

 

骨盤矯正は産後の女性の身体をより良い方向に導いてくれる優れもの!

産後の身体については妊娠前とはかなり変わっているため、姿勢も随分変わるものです。妊娠によって靭帯を緩めるためのホルモンが出るようになります。それと同時に子宮も拡大すると骨盤の内圧が強まり、骨盤の上の辺りが開いていきます。

 

この状態が維持されたあと、出産を行うために骨盤は大きな変化を遂げます。骨盤の変化は妊娠直後から始まっているので、出産の仕方が自然分娩か帝王切開かに関わらず骨盤矯正が必要になることが分かるでしょう。

 

ですが、骨盤の広がる場所は自然分娩と帝王切開では違いが出てくるため、矯正を施す場所も違いが出ます。産後の骨盤矯正は自己流でやるのではなく、専門家にお願いしたほうが効果的です。

 

妊娠してお腹が大きくなると、身体の重心が自然に前のめりに変わります。前のめりのバランスの悪い状態を直そうとして、今度は後方に中心を持って行こうとします。

 

背中を後ろに反らしたり背中を丸めたりしてしまうのは、お腹が大きくなったことで取りづらくなった均衡を保持しようとする表れなのです。この状態が続くと、背中や腰の辛さが発生します。

 

妊婦は半数くらいの人が腰に痛みがあるというデータが出ていますが、これは妊婦ならではの重心のズレに関連するものです。産後の骨盤矯正をすれば、重心を正しく直しきちんとした姿勢をとることが可能になるのです。
そうして、産後によく見られる体調の崩れを防ぐことができます。産後は育児のストレスなどから気分が塞ぎがちな時でもあります。正しい姿勢は精神面も健康にするということが明らかになっているので、産後に骨盤矯正をするのは重要と言えます。